Creamy Crepe | HOME |
チョコバナナの作り方
*材料 (クレープ約1枚分)*
クレープ生地 1枚
生クリーム(砂糖入り) 大さじ3杯
バナナ 1/3本
チョコスプレー 大さじ1杯
a

1.生クリームを泡立てる。

生クリームを泡立てるときは、生クリームを入れたボウルの底を、
氷と水を入れたボウルで冷やしながら泡立てましょう。
お好みでお砂糖を加えるとよいでしょう。
(チョコは生クリーム200mlに砂糖大さじ1〜2杯くらい入れます。)
2.バナナを切る。
3.生地に生クリーム・バナナ・チョコをのせて巻く。

もう、お好みでのせちゃっていいんですけど、
生地を巻く?折る?ことを考えて、半分より手前には何ものせない方がよいです。
生地がちょっと暖かいうちにのせると、チョコやクリームがほどよく溶けて美味しいです。
↓ 生地の折り方。
手前から半分向こうに折る 右から左へ 左から右へ
4.できあがり♪
アップルシナモンの作り方
*材料 (クレープ約4枚分)*
リンゴ(中) 1個
砂糖 80g
バター 小さじ1杯
レモン汁 小さじ1杯弱
シナモン(粉) 適量
↑シナモン映すの忘れた。
Point!
リンゴはお好みのものでどうぞ。(一応、アップルパイとかは紅玉がよいとされてますね。)
お砂糖は50gくらいに減らしても大丈夫かも。
お好みでラム酒など加えても美味しいです。
クレープに包むときはハチミツやクレーム・パティシェールとあわせると美味しいです。
a

1.リンゴを皮と芯の部分をのぞき、5mm幅に切る。
2.お鍋にリンゴを入れ砂糖をまぶして弱火にかける。

(初めの焦げ付きが心配だったら、お水を大さじ2杯くらい加えてもよいです。
でも、リンゴの水分だけで→写真のようになります。
時々、木べらでかき混ぜます。)
3.リンゴが透き通るくらいまで煮て、火から下ろします。
4.バターとレモン汁を加えて混ぜます。

(リンゴがとても柔らかく形が崩れやすいので気をつけてください。
お好みでラム酒小さじ1杯を入れるのはこのタイミングです。チョコは入れるのも入れないのも好きです。)
5.シナモンをふりかけてできあがり♪
クレーム・パティシェールの作り方
*材料 (クレープ約4枚分)*
卵黄 2個
牛乳 200ml
小麦粉(薄力粉) 大さじ2杯
砂糖 50g
バニラエッセンス 数滴
Point!
ようするにカスタードクリームのことなのですが、作り方はフランス風です。
手作りしたものは本当に美味しいです。暖かいうちでもおいしいです。
美味しい牛乳を使えばおいしくなるし、バニラエッセンスではなくバニラビーンズを使えばさらにおいしくなります。
a

1.小麦粉をふるいにかける。
2.牛乳を沸騰直前まで温める。

(お鍋の縁に小さな泡が見えたら火を止めてOKです。
バニラビーンズを使うときは、種を包丁の背でこしとって、それを牛乳に入れて一緒に暖めちゃいます。
ちなみに上記の量だと使うバニラビーンズは1/4さや。)
3.卵黄に砂糖を3回に分けて加え、混ぜる。

(混ぜたものが空気を含んで白っぽくなるまで、とにかく混ぜましょう。
根性です!)
↑黄身だけ混ぜたところ。
↑砂糖を加えて混ぜ合わせた後。
4.小麦粉を混ぜる。

(小麦粉がダマにならないように、木べらなどで混ぜます。
この時、3の生地の泡がつぶれないように、生地を切るようにさっくりと混ぜ合わせます。)
5.4の生地に牛乳の半分を入れて混ぜる。

(牛乳は60度ぐらいが理想です。
3〜4までの行程をしている間に1の牛乳が調度よい温度になっている…ハズ。)
6.5の生地をこす。
7.残りの牛乳に6を入れて極弱火にかける。

(火にかけるとすぐに固まり始めるので、
とにかく鍋底をまんべんなく木べらなどでかき混ぜましょう。)
8.だんだんトロみがついて、一度もったりとする。
その後再びトロトロになるまで煮る。


(一度、木べらで持ち上げられそうなくらいもったりします。
でも、さらに火にかけているとトロトロになります。不思議。)
9.バニラエッセンスを加える。
10.バットなどに移し、あら熱を取ってから冷蔵庫で冷やす。

(クリームは時々かき混ぜながらあら熱を取ります。
冷蔵庫へ入れるときは、水分がとばないように、
クリームの表面にビタッとサランラップなどをはってから冷やしてください。
11.できあがり♪

a

女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス